エリザベート王妃国際音楽コンクール2023 結果まとめ

エリザベート王妃国際音楽コンクール2023結果

世界三大音楽コンクールのひとつに数えられる「エリザベート王妃国際音楽コンクール」。古くから世界的に有名な音楽家を輩出してきた、歴史と権威のある大会です。2023年大会は「声楽」部門が開催。本記事では第1次審査からの結果まとめをお伝えします。

「エリザベート王妃国際音楽コンクール2023」の概要は下記からご覧ください。

目次

エリザベート王妃国際音楽コンクール2023 結果

ファイナル

2023年6月1日~6月3日に最終審査が行われました。

●2023年最優秀賞:Taehan Kim(キム・テハン)

国際エリザベス女王大賞:25,000 ユーロ
マチルド王妃賞

ソウル大学音楽大学在学中。2022年ノイエ・シュティメン国際歌唱コンクールでのブライアン・ディッキー・ヤング・タレント賞、光州コンクールでの準優勝、国際コンコルソ・リッカルド・ザンドナイでの奨学金賞、そして特別賞など、国際歌唱コンクールで複数の賞を受賞。

<プログラム>
リヒャルト・ワーグナー|死の予感のように~おお、愛しき夜の星よ(タンホイザー)
グスタフ・マーラー|私は光るナイフを持っている (ニ短調) (旅する旅人の歌)
エーリッヒ・コルンゴルト|私の憧れ、私の想像力 (The Dead City)
ジュゼッペ・ヴェルディ・カルロスが聴く – ああ、私は死ぬ(ドン・カルロス)

●2023年準優勝:Jasmin White(ジャスミンホワイト)

ベルギー連邦政府賞:ベルギー科学政策より20,000ユーロを受賞

2019年にグラミー賞を受賞した『ポーギーとベス』の再演でソリストおよび合唱団のメンバーとしてメトロポリタン・オペラにてコントラルトデビュー。ジャスミン・ホワイトはソリストとしてもロサンゼルス・フィルハーモニックやジュリアード415アンサンブルと共演し、ヤニック・ネゼ=セガン、ウィリアム・クリスティなどの指揮者とも共演している。

<プログラム>
グスタフ・マーラー・ウルリヒト(デス・クナーベン・ワンダーホルン)
ジョアキーノ・ロッシーニついにここに来た – ああ、あの日 (セミラミデ)
リヒャルト・ワーグナー道を譲ってください、ヴォータン!柔らかい !(ラインの黄金)

●2023年第3位:Julia Muzychenko-Greenhalgh(ジュリア・ムジチェンコ=グリーンハルグ)

ローノワ伯爵賞:17,000ユーロ

サンクトペテルブルク音楽院で学んだ後、ハンス・アイスラー・ベルリン音楽大学でタマラ・ノヴィチェンコとアンナ・サムイルに師事。バルセロナのモンセラート・カバリエ国際歌唱コンクールで第2位を受賞 。2015年にはサンクトペテルブルクのマリインスキー劇場でタルノポルスキーの『シンデレラ』に出演した。近年はモンペリエ・オペラ座でノリーナ(ドン・パスクワーレ)、ナネッタ(ファルスタッフ)、ジルダ(リゴレット)の役を演じ、ブッセートのヴェルディ音楽祭や王立歌劇場でヴィオレッタ(椿姫)の役を演じている。

<プログラム>
ジュール・マスネ私ってそんなに優しいの?・どんな道も私は歩く・従え・青春を活かそう(マノン)
ニコライ・リムスキー=コルサコフ・ヴィエリキイ・ツァーリ(スニエゴウロチカ(雪の乙女))
セルゲイ・ラフマニノフ・ズデスのホロショー (このスポットはなんと美しい) (12 曲 op. 21)
ジュゼッペ・ヴェルディ不思議だね – ああ、もしかしたら彼かもしれない – いつでも自由 (椿姫)

●第4位:Floriane Hasler(フロリアン・ハスラー)

ベルギーコミュニティ政府賞:今年はワロン=ブリュッセル連盟政府より12,500ユーロを授与

ホルンの勉強から音楽を始め、パリ国立高等音楽院・舞踊学校でシャンタル・マティアスに歌を学んだ。バーバラ・ハニガンらが教えるマスタークラスを受講し、デヴィッド・スターンのオペラ・フオコのヤング・アーティスト・プログラムに参加。ヴェルサイユ王立歌劇場、ボルドー国立歌劇場、カーン劇場、パリ・フィルハーモニー、マルセイユ市立歌劇場で演奏し、ラファエル・ピション、レオナルド・ガルシア・アラルコンなどの指揮者と共演している。フロヴィル国際歌謡コンクール、カナリ国際歌謡コンクール、および2022年タレント・アダミで1位を受賞、2023年オペラ世代のアーティストの一人。

<プログラム>
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトなんという混乱、なんという惨劇 (La finta simple)
クリストフ・ウィリバルト・フォン・グルック不幸だ、私は何をしてしまったのだろう?- 私はエウリュディケを失いました (オルフェウスとエウリュディケ (パリ 1774))
ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル彼はイルカナ(アルチーナ)に住んでいます
ジュール・マスネゴー!涙を流しましょう(ウェルテル)
ジョアキーノ・ロッシーニ・クルーダ・ソーテ – ここでは安らぎが欲しい (アルジェのイタリア人)

●第5位:Inho Jeong(チョン・イノ)

ブリュッセル首都圏賞:10,000ユーロ

ソウル大学で学び、2017年に学士号を取得後、現在修士号取得を目指している。国立歌劇場のオペラスタジオでプロフェッショナルコースを修了。数多くのコンクールで頭角を現し、エヴァ・マートン国際歌唱コンクールでは第3位、シャン・ド・マルマンド国際コンクール、フェルッチオ・タリアヴィーニコンクール、リッカルド・ザンドナイコンクールでは第1位を受賞した。トゥガン・ソヒエフなどの指揮者のもと、ボリショイ劇場のオーケストラ、モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団、ヴェネト・フィルハーモニー管弦楽団、ラトビア国立歌劇場管弦楽団、ハンガリー国立歌劇場管弦楽団などのアンサンブルと共演している。

<プログラム>
ジュゼッペ・ヴェルディパッセージを研究してください – 空から落ちるように (マクベス)
シャルル・グノー寝たふりのあなた(ファウスト)
ジョルジュ・ビゼー愛の炎のとき (パースから来た美しい少女)
ジョアキーノ・ロッシーニ中傷は簡単です (ハ長調) (セビリアの理髪師)

●第6位:Juliette Mey(ジュリエット・メイ)

ブリュッセル市賞: 8,000ユーロ

現在、パリ国立高等音楽・ダンス音楽院で学ぶ。2022年プロモーション・ジェネレーション・オペラのメンバー。 トゥールーズ音楽院のメトリーズ(マーク・オプスタッド監督)でオペラ歌手としての訓練を開始。レア・パスケルから発声技術のレッスンを受け、その後モンペリエ地方のラヨンヌマン音楽院のクラスに加わった。トゥールーズ バロック芸術ポールでは、フランス、英語、ドイツ、イタリア音楽に特化した3年間のコースに参加、修了した。

<プログラム>
アントニオ・ヴィヴァルディ「アジタータ・ダ・ドゥ・ヴェンティ」(グリゼルダ)
ジャン・カルロ・メノッティああ、ミケーレ、知らないの(ブリーカー街の聖者)
ジュール・マスネついにここに来ました 約束の時間に逃げました (シンデレラ)
ジョアキーノ・ロッシーニナッキ・アッファノ、アル・ピアント (ラ・チェネレントラ)

セミファイナリスト

2023年5月21日~22日に行われた「第1次審査」では24名が通過しました。

名前

パート

出身

Inho Jeong 

チョン・イノ

ベース

韓国

Sungho Kim 

キム・ソンホ

テノール

韓国

Jihoon Son

ソン・ジフン

テノール

韓国

Sílvia Sequeira

シルビア・セケイラ

ソプラノ

ポルトガル

Junho Hwang

ファン・ジュノ

テノール

韓国

Jasmin White

ジャスミンホワイト

コントラルト

米国

Floriane Hasler

フロリアン・ハスラー

メゾソプラノ

フランス

Linsey Coppens

リンジー・コぺンス

メゾソプラノ

ベルギー

Mathilde Ortscheidt

マティルデ・オルシャイト

メゾソプラノ

フランス

Joseph Parrish

ジョセフ・パリッシュ

バリトン

米国

Anna-Sophie Neher

アンナ=ソフィー・ネハー

ソプラノ

カナダ、ドイツ

Margaux de Valensart

マルゴー・ド・ヴァランサール

ソプラノ

ベルギー

Fleuranne Brockway

フルランヌ ブロックウェイ

メゾソプラノ

オーストラリア

Daegyun Jeong

チョン・デギュン

バリトン

韓国

Lubov Karetnikova

ルボフ・カレトニコワ

ソプラノ

米国

Daniel Gwon

ダニエル・グォン

バリトン

韓国

Marie Lombard

メアリー・ロンバード

ソプラノ

フランス

Taehan Kim

キム・テハン

バリトン

韓国

Juliette Mey

ジュリエット・メイ

メゾソプラノ

フランス

Maria Warenberg

マリア・ヴァレンバーグ

メゾソプラノ

オランダ

Alexandra Lowe

アレクサンドラ・ロウ

ソプラノ

イギリス

Junoh Lee

ジュノ・リー

ベース

韓国

Julia Muzychenko-Greenhalgh

ジュリア・ムジチェンコ=グリーンハルグ

ソプラノ

ロシア(連邦)、ドイツ

Carole-Anne Roussel

キャロル=アン・ルーセル

ソプラノ

カナダ

ファイナリスト

2023年5月24日~25日に行われた「セミファイナル」では12名が通過しました。

名前

パート

出身

Jasmin White

ジャスミンホワイト

コントラルト

米国

Floriane Hasler

フロリアン・ハスラー

メゾソプラノ

フランス

Inho Jeong 

チョン・イノ

ベース

韓国

Anna-Sophie Neher

アンナ=ソフィー・ネハー

ソプラノ

カナダ、ドイツ

Daniel Gwon

ダニエル・グォン

バリトン

韓国

Sílvia Sequeira

シルビア・セケイラ

ソプラノ

ポルトガル

Taehan Kim

キム・テハン

バリトン

韓国

Juliette Mey

ジュリエット・メイ

メゾソプラノ

フランス

Fleuranne Brockway

フルランヌ ブロックウェイ

メゾソプラノ

オーストラリア

Maria Warenberg

マリア・ヴァレンバーグ

メゾソプラノ

オランダ

Julia Muzychenko-Greenhalgh

ジュリア・ムジチェンコ=グリーンハルグ

ソプラノ

ロシア(連邦)、ドイツ

Carole-Anne Roussel

キャロル=アン・ルーセル

ソプラノ

カナダ

目次