第33回出光音楽賞の受賞者3名が決定

「出光音楽賞」は、1964年に放送を開始した「題名のない音楽会」の25周年を記念し、 1990年に創設された出光興産株式会社が主催する音楽賞。主にクラシックの音楽活動を対象に、育成という観点から意欲、素質、将来性などに重きを置き、 新進の音楽家を表彰している。

第33回「出光音楽賞」の受賞者は選考の結果、 戸澤 采紀(ヴァイオリン)、前田 妃奈(ヴァイオリン)、務川 慧悟(ピアノ) の3名に決定した。受賞者にはそれぞれ賞状ならびに賞金300万円が贈られる。 なお、今後、授賞式と受賞者による「出光音楽賞受賞者ガラコンサート」(日時・会場未定)を開催し、 その模様はテレビ朝日系「題名のない音楽会」にて放送予定となっている。

■ 戸澤 采紀(とざわ さき)ヴァイオリン/22歳

戸澤采紀(C)JUNICHIRO MATSUO

2001年2月22日、東京都文京区出身。第85回日本音楽コンクール最年少優勝、ティボール・ ヴァルガ国際ヴァイオリンコンクール第2位(最高位)、ポセール財団コンクール優勝、ペーターローネフェルト賞 コンクール優勝、インディアナポリス国際ヴァイオリンコンクールセミファイナリスト。

クフモ室内楽音楽祭オレグ・カガンメモリアルファンドスカラシップ受賞。江副記念リクルート財団第48回奨学生。2019年度東京藝術大学宗次德二特待奨学生。 2021年度青山音楽財団奨学生。2023年度ローム ミュ ージックファンデーション奨学生。2023年度第33回青山音楽賞新人賞受賞。

2022年1月にデビュー盤「戸澤采紀 IN CONCERT」が発売され、レコード芸術にて特選盤を受賞。BSテレ東「エンター・ザ・ミュージック」、NHK FM「リサイタル・ノヴァ」に出演。

これまでにローザンヌ室内管弦楽団、リューベック・フィルハーモニー管弦楽団、NHK交響楽団、読売日本交響楽団、東京都交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、 日本フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、群馬交響楽団、岡山フィルハーモニック管弦楽団など国内外のオーケストラと共演。

使用楽器は、文京楽器の協力により Beare’s International Violin Society から貸与されている Matteo Goffriller。 東京藝術大学入学後、2021 年秋に渡独、現在リューベック音楽大学でダニエル・ゼペック氏に師事。

■前田 妃奈(まえだ ひな)ヴァイオリン/21歳

前田妃奈(C)Taira Tairadate

2002年9月12日、大阪府豊中市出身。2022年第16回ヘンリク・ヴィエニアフスキ国際ヴァイオリンコンクールで優勝し、国際的に注目を集める新 進気鋭のヴァイオリニスト。ヘンリク・ヴィエニアフスキ国際ヴァイオリンコンクールでは、ヴィエニアフスキ・コ ンチェルト賞、カプリス賞、ソナタ賞、ベートーヴェン・ ブラームス作品賞の4つの特別賞も受賞した。

4歳よりヴァイオリンを始める。東京音楽大学付属高等学校を経て、東京音楽大学に特別特待奨学生として在学中。
2013年第67回全日本学生音楽コンクール全国大会小学校の部第1位、2019年第88回日本音楽コンクール第2位及び岩谷賞(聴衆賞)、2020年第18回東京音楽コンクール弦楽部門第 1 位及び聴衆賞など受賞。ほかにも、クロスターシェーンタ ール国際ヴァイオリンコンクール第1位、クロンベルクアカデミースカラシップ賞、霧島国際音楽祭賞、松方ホール音楽賞奨励賞など、国内外のコンクール、オーディション、マスタークラスでの受賞多数。

11歳で関西フィルハーモニー管弦楽団と共演したのをはじめ、これまでに大阪フィルハーモニー交響楽団、 東京交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団などと共演。リサイタル、室内楽やアウトリーチにも積極的に取り組んでいる。2020年/2021年CHANEL Pygmalion Days 参加アーティスト。 2022年から2023年には、東京、大阪をはじめ、世界20カ国、60地域でのリサイタルや各地のオーケストラと共演した。

令和4年度(2022年度)大阪文化祭奨励賞受賞。第25回(2023年度)ホテルオークラ音楽賞受賞。公益財団法人江副記念リクルート財団第48回奨学生。

■務川 慧悟(むかわ けいご)ピアノ/30歳

務川慧悟(C)Yuji Ueno

1993年4月9日、愛知県東海市出身。2021年、世界三大コンクールの一つであるエリザベート王妃国際音楽コンクールにて第3 位受賞。2019年、フランスで最も権威のあるロン=ティボー= クレスパン国際コンクールにて第2位入賞。

現在、日本、ヨーロッパを拠点にソロ、オーケストラとの共演、室内楽と幅広く演 奏活動を行っている。
バロックから現代曲までレパートリーは幅広く、各時代、作曲家それぞれの様式美が追究された演奏、多彩な音色には定評がある。また現代ピアノのみならずフォルテピアノでの奏法の研究にも取り組んでいる。

2022年には4公演連続、また2023年には5夜連続公演をそれぞれ浜離宮朝日ホールにて行い、全公演完売の中新しい試みや挑戦を続けている。 東京藝術大学 1 年在学中の2012年、第81回日本音楽コンクール第1位受賞を機に本格的な演奏活動を始める。2014年パリ国立高等音楽院に審査員満場一致の首席で合格し渡仏 、第3課程ピアノ科(Diplôme d’Artiste Interprète)、室内楽科を修了、 現在は同音楽院フォルテピアノ科に在籍し、研鑽を積んでいる。

これまでに、日本各地、フランス、ベルギー、スイス、ラトビア、ドイツ、イタリア、ポーランド、オランダ、中国、 台湾、韓国にて演奏会や音楽祭に出演のほか、読売日本交響楽団、東京交響楽団、東京フィルハーモニ ー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、プラハ・フィルハーモニア管弦楽団、フランスにてフランス 国立管弦楽団、ロレーヌ国立管弦楽団、ベルギーにてベルギー国立管弦楽団、ブリュッセル・フィルハーモニー管弦楽団等と共演。

2022年「ラヴェル:ピアノ作品全集」をリリース。なおこのアルバムは 2024年2月にヨーロッパでもリリース。

(ご参考)
出光音楽賞について https://www.idemitsu.com/jp/enjoy/culture_art/music_prize/index.html
「題名のない音楽会」について https://www.idemitsu.com/jp/enjoy/culture_art/daimei/index.htm

目次