日本最大規模のピアノコンクール「ピティナ・ピアノコンペティション」動画予選を新設ー3月1日に課題曲を公開

1977年より続く日本最大規模のピアノコンクールで、活躍中のピアニスト、角野隼斗や亀井聖矢らも輩出した「ピティナ・ピアノコンペティション」(主催:一般社団法人全日本ピアノ指導者協会、全国大会後援:文部科学省、東京都)は、3月1日(金)10時に、2024年度第48回大会の課題曲・参加要項を公開した。

就学前幼児から専門家を目指す学習者やアマチュアの愛好家まで、毎年、のべ40,000組が参加してきたピティナ・ピアノコンペティション(主催:一般社団法人全日本ピアノ指導者協会、全国大会後援:文部科学省、東京都)は、全国47都道府県で毎年300箇所以上の地区予選・本選を実施し、8月下旬に東京で行われる全国大会ではハイレベルな競演が聞かれる。

2024年度は各地コンサートホールでの開催に加え、同コンクール史上初めての動画予選を新設する。参加申込は一部の部門を除き、4月1日より開始。動画での予選参加を受け入れることで、地区予選の日程に都合がつかない場合や近隣に予選会場がない場合などに対応し、初めてのコンクール参加にも門戸を広げる。

◆ピティナ・ピアノコンペティションとは?

・ピアノ学習者およびピアノ指導者の学習・研究の一つの目標となること。
・国際感覚を持った指導法の研鑽。
・優れた音楽的才能の発掘・育成。
・ピアノ教育レベルの地域間格差解消、全国的な音楽文化の普及と向上。
を趣旨とした、参加者のべ約40,000組(予選~全国計)を誇る、日本最大規模のピアノコンクール。

ピアノ指導者の全国組織であるピティナの特長を生かし、企画立案、課題曲設定、審査等に積極的にピアノ指導者が加わることにより、参加者と事務運営者との関わりに留まらない、複合的な実施効果を生み出している。また、運営・実施事務局として、全国の楽器店・音楽団体のほか、各地のピアノ指導者から成るグループが加わり、多面的なサポートで参加者の学習効果を高めている。

◆開催スケジュール

◎コンペティション
【エントリー受付】2024年4月1日~6月3日
【実施期間】
地区予選:2024年5月19日~7月25日
地区本選:2024年7月20日~8月11日
全国大会:2024年8月17日~8月21日

◎動画予選 (一部級にて実施)
【エントリー受付】2024年4月1日~ 6月3日
※動画予選の申し込みは 1 地区のみ。実地予選とあわせて 2 地区までの申し込みが可能。

◆ピティナ・ピアノコンペティションWEB サイト
https://compe.piano.or.jp/

◆一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(ピティナ) とは?
1966年に創立されたピアノ指導者の団体で、全国に約17,000人の会員と、620箇所の拠点を持つ。また、のべ40,000組超の参加者を誇る世界最大規模のピアノコンクール「ピティナ・ピアノコンペティション」や、全国約570地区で通年行われ約43,000組のピアノ学習者・愛好者が参加するアドバイス付きの合同発表会「ピティナ・ピアノステップ」等、ピアノ教育・音楽教育活動を進めている。


本部事務局:東京都豊島区巣鴨1-15-1 
代表者:福田成康(ふくだ・せいこう 専務理事)
コーポレートサイト:https://corporate.piano.or.jp/

目次